オンラインギャンブル

日本ではオンラインギャンブルは合法ですか?

オンラインギャンブルのカジノは、その人気が高まるにつれ、世界中の町で話題になっています。いくつかの国はそれを合法化しました。他の国は中立であるか、それを禁止しています。禁止には2つの側面もあります。一部の場所では、オンラインギャンブルのサイトが自国で運営されてはならず、運営されている場所で合法である必要がある場合、プレーヤーはオンラインギャンブルにふけることができます。ただし、ギャンブルサイトでは、オンラインギャンブルが禁止されている国の市民がサービスを利用できるようにはしていません。

オンラインカジノの

オンラインカジノの法的意味

オンラインカジノは、英国、香港、米国、マルタ、フィリピンなど、合法である国の州当局によって承認されています。これらのカジノは、オンラインカジノの運営を許可されるために、いくつかの規則を満たさなければなりません。オンラインギャンブルサイトは多くの国の証券取引所に上場されており、優れた投資と見なされています。彼らは彼らの文化だけでなく彼らの人々にも受け入れられています。一部の国では、法律によりギャンブルが明示的に禁止されており、土地にあるカジノの運営に罰則が科せられています。ただし、オンラインギャンブルが社会全体に脅威を与えていない場合、彼らはオンラインギャンブルに中立です。

日本でのオンラインギャンブル

日本の当局は、オンラインギャンブルに関与する日本人の数の急増を観察しています。彼らは一般的にオンラインソーシャルメディアプラットフォームで実行されているキャンペーンに惹かれます。これらのウェブサイトは、それらが外国の土壌で運営されている場合、それらにアクセスすることは完全に合法であると主張しています。
日本政府の見方はこの問題に関して異なります。警察はそれが純粋に違法であると主張しているが、彼らが加害者に対して証拠を集めることはほとんど不可能である。多くの市民は、オンラインでギャンブルサイトにアクセスすることは合法であると信じています。

現在、日本におけるオンラインギャンブルの影響と広がりを調べるための調査が行われています。 2つの企業家がこれらの研究を主導しています。イスラエルの分析支援グループの日本子会社である朝日新聞と同様のウェブは、ギャンブルサイトでオンラインでゲームをしている人々の数を調べるために調査を続けました。
彼らは、日本で最も人気のあるギャンブルサイトがベラとジョンであることを発見しました。 2018年12月、このサイトには648,000回の訪問がありました。 2020年1月、日本人の訪問数は7,751万人に急増し、119%増加しました。この数字は、封鎖が開始された後、2020年8月に2,000万回の訪問にいくらか減少しました。 11月には約5000万に増加しました。

カジノ

ウェブサイトはキュラソーからライセンスを取得したと主張しています。オランダの支配下にあるカリブ海の島です。このサイトは、市民を魅了するために日本語でメッセージを表示します。このサイトでオンラインでプレイすることは違法ではないと書かれています。しかし、警察当局と政府は、この文化を主流に含めないように努めています。

Leave a Comment

Your email address will not be published.